神姫バス(東証一部昇格候補)

神姫バス(9083)は、兵庫県大手バス会社です。

東証二部から一部への指定候補として調べていきます。

昇格要件等の確認

以下は、2018年10月9日時点で入手できるデータを元に、東証一部への指定の形式要件等を調査・推定した時のものです。誤差や間違いがあった場合はご了承ください。

株主数

2,303人(2018年3月31日時点)

形式要件をクリアしています。

流通株式数

59,710単位(2018年3月31日時点)

形式要件をクリアしています。

流通株式時価総額

218億円

形式要件をクリアしています。

流通株式数(比率)

96.74%(2018年3月31日時点)

形式要件をクリアしています。

売買高

223単位(2018年4月~2018年6月)
183単位(2018年6月~2018年8月)
208単位(2018年7月~2018年9月)

今月を基準に計算するとギリギリですがクリアしています。なお、2018年6月~2018年8月の期間はクリアしていませんでしたので、2018年9月および2018年12月には、一部指定申請はできないことになります。

時価総額

226億円

形式要件をクリアしています。

参考指標

株価 3,670円
PER 14.45
PBR 0.53
配当 35円
発行済株式数 6,172,000株

株主優待

100株以上
 乗合バス半額割引券 10枚
 グループ優待券 3,000円分

2,000株以上
 株主乗車証または株主乗車券

TOPIX用浮動株比率

0.70(2018年3月31日時点)

浮動株はやや多めです。

東証一部を目指していると思われる施策等

2017年05月15日 株主優待拡充発表

昇格要件等の確認まとめ

神姫バスは、売買高の基準を満たしていない月がありますが、その月に申請しなければ良いだけですので、大きな問題はないと思われます。

また、2017年5月の株主優待の拡充発表では「市場第一部指定における形式要件である株主数の充足を図るため」と明記されていました。さらに、2017年8月には記者会見で「2~3年のうちには東証一部上場を目指す」と説明されていましたので、東証一部を目指していることは間違いなさそうです。