富士ピー・エス(東証一部昇格済み)

富士ピー・エス(1848)は、PC工法大手で橋梁など土木工事が主力の企業です。

※ 2018年6月12日に東証二部から一部への指定が発表されました。

昇格要件等の確認(参考)

以下は、2017年11月24日時点で入手できるデータを元に、東証一部への指定の形式要件等を調査・推定した時のものです。誤差や間違いがあった場合はご了承ください。

株主数

421人(2015年3月31日時点)
444人(2016年3月31日時点)
1,463人(2017年3月31日時点)

2017年3月31日時点では足りていませんが、その後の株主優待新設、立会外分売により、現在は形式要件をクリアしているものと推測されます。

流通株式数

94,927単位(2017年3月31日時点)

形式要件をクリアしています。

流通株式時価総額

71億円

形式要件をクリアしています。

流通株式数(比率)

51.03%(2017年3月31日時点)

形式要件をクリアしています。

売買高

1,676,700株(2017年5月~2017年7月)
639,000株(2017年8月~2017年10月)

形式要件をクリアしています。

時価総額

141億円

形式要件をクリアしています。

参考指標

株価 758円
PER 18.66
PBR 1.86
配当 9円
発行済株式数 18,602,244株

株主優待

オリジナルQUOカード

100株以上 500円分

TOPIX用浮動株比率

0.32(2017年3月31日時点)

浮動株は若干少なめです。

東証一部を目指していると思われる施策等

2016年05月13日 中期経営計画発表
2017年03月02日 立会外分売
2017年08月23日 株主優待の新設発表
2017年09月07日 立会外分売

昇格要件等の確認まとめ

富士ピー・エスは、中期経営計画発表時から東証一部を目指すと公言しており、最近は株主を増やす施策を続けて行っています。近い将来、ほぼ間違いなく東証一部に指定されると思われます。