ハイアス・アンド・カンパニー(東証一部昇格候補)

ハイアス・アンド・カンパニー(6192)は、住宅関連に特化したコンサル会社 です。

マザーズから東証一部への市場変更候補として調べていきます。

昇格要件等の確認

以下は、2018年3月19日時点で入手できるデータを元に、東証一部への市場変更の形式要件等を調査・推定した時のものです。誤差や間違いがあった場合はご了承ください。

株主数

2,388人(2017年10月31日時点)

余裕はないですが形式要件をクリアしています。

流通株式数

4,700,000株(2017年10月31日時点)

形式要件をクリアしています。

流通株式時価総額

83億円

形式要件をクリアしています。

流通株式数(比率)

62.94%(2017年10月31日時点)

形式要件をクリアしています。

売買高

20,684単位(2017年9月~2017年11月)
34,000単位(2017年12月~2018年2月)

形式要件をクリアしています。

時価総額

132億円

形式要件をクリアしています。

参考指標

株価 592円
PER 60.22
PBR 10.60
配当 2.66円
発行済株式数 22,457,700株

指標だけみると割高ですね。

株主優待

なし

TOPIX用浮動株比率

0.19(2017年10月31日時点)

浮動株は少ないです。

東証一部を目指していると思われる施策等

2016年04月05日 マザーズ上場
2017年04月13日 立会外分売
2017年05月01日 株式分割
2017年10月26日 立会外分売
2018年03月01日 株式分割

昇格要件等の確認まとめ

ハイアス・アンド・カンパニーは2017年10月26日に立会外分売の実施した際、市場第一部への市場変更における形式要件の充足を図るためと明言しています。

立会外分売により2017年10月31日時点では株主数はクリアしているものの、あまり余裕がありませんでした。2018年3月1日の株式分割は、さらに株主数を増し、形式的要件を余裕をもってクリアするため思われます。

(追記)

その後2018年7月17日に市場第一部への市場変更申請の取り下げが発表されました。しばらく昇格はなさそうです。